口コミで広まったビアンコロール、どれくらい効果がある?

 

 

期待を裏切らないダイエットサプリとして話題のビアンコロール。

 

その効果が口コミで広まって、
生産が追いつくかどうかという事態にもなったとのこと。

 

いったい、ビアンコロールは
どうしてそこまでの効果があるといわれているのでしょうか。

 

 

口コミ情報だけではわからない、
ビアンコロールの成分に迫ってみました。

 

 

効果があるとすれば、
それなりの成分が入っているにちがいありません。

 

 

 

 

ビアンコロールの3大成分の働きがスゴい

 

ビアンコロールの主成分は、
その名が示すとおりホワイトキドニービーンです。

 

 

「ビアンコ」は「ホワイト(白)」という意味ですからね。

 

 

で、日本名では白インゲン豆のことです。

 

白インゲン豆には、ファセオラミンという
レプチンの一種である成分が含まれています。

 

 

ファセオラミンは米国では
糖尿病の予防や治療に役立てられているのですが、
その理由は、アミラーゼ酵素の働きを阻害するからです。

 

 

酵素の代表でもあるアミラーゼは、
主に糖質や脂質を消化吸収する際に必要な栄養素です。

 

 

その働きを阻害するのがファセオラミンです。

 

 

糖質や脂質が消化吸収できなかったとすれば、
体外に排出するほかありません。

 

 

つまり白インゲン豆(ファセオラミン)を摂取することによって、
ご飯やパン、麺類、甘いものや揚げ物などが、
まるで食べた成ったことになってしまうと言うわけです。

 

 

さらにホワイトキドニービーンの特徴である多孔質は、
糖質や脂質を体外に排出する働きをするといわれています。

 

 

主に腸内に溜め込んだ
不要物質や有害物質をどんどん出してしまうのです。

 

 

腸が汚れていると、お肌はきたなくなり、
太りやすくなり、また病気しやすくなります。

 

 

腸をキレイにすることは、
健康と美容のために必要不可欠なんですね。

 

ビアンコロールは単に痩せるだけではなく、
体全体の調子を整えるためにも役立ちそうです。

 

さらに注目はレスベラトロールとアサイーが含まれていること。

 

レスベラトロールは、
今やアンチエイジングに欠かせないポ
リフェノールとして広く知られています。

 

 

また、アサイーには高い抗酸化作用があります。

 

この二つが体内に入ると、
レスベラトロールが脂肪を分解して小さくし、
アサイーが小さくなった脂肪の燃焼を促す、といった働きをします。

 

 

ビアンコロールが体質的に合うと
怖いくらい痩せてしまうという口コミがありますが、
このようなメカニズムがあるからでしょう。

 

 

一日に1〜2粒だけというのも、
飲み過ぎは危険なレベルになる可能性も否めないからみたいです。

 

 

>>ただ飲むだけで“極限まで痩せる”究極ダイエット!